サイトメニュー

薬の作用と申込先選び

女性

美容効果のプロセスと選び方のポイント

筋肉質な体は女性らしいボディーラインを遠ざけてしまうなど、筋肉と美容は何かと密接に関わっています。顔にあるエラの筋肉や、足のふくらはぎの筋肉が目立つ場合はとくに悩みとなることが多く、それを改善するためボトックス注射を美容整形外科で受ける人も少なくありません。ボトックスはボツリヌス菌を基に作った蛋白質を、治療薬として安全に使用できるよう加工した製薬剤です。直接菌を注射する訳ではないので、ボツリヌス菌による食中毒といった副作用は考慮する必要がありません。そして、筋肉は神経を伝って届けられる脳のシグナルによって動きますが、ボトックスにはその神経機能を遮断する作用があります。ですのでこの薬の影響を受けた筋肉には脳のシグナルが伝達されず、常に緩んだ状態になるのです。意図的に動かそうとしても筋肉は動きませんから、この効果を活用したのが顔の表情じわ治療となります。ボトックスの作用で表情筋が緩んだままになるため、老けて見える目元のしわや、額のしわの発生を抑えられる訳です。また筋肉は、力を入れて毎日使うと太く発達するのに対し、力を入れずに使わない日々が続いた場合、今度は逆に細くなっていきます。これは筋肉を緩めたことに対する副作用なのですが、ふくらはぎやエラの筋肉を整形するボトックス注射では、まさにこの副作用を美容効果として応用しているのです。

ケガや病気を治療する時は症状に合わせて外科か内科を選ぶように、ボトックス注射を受ける際も、治療先は的確に選ばねばなりません。美容整形外科というカテゴリーは同じでも、クリニックやドクターによって得意な治療が異なるパターンもあるからです。基本的にボトックスは整形治療といっても注射をするだけで終わるため、医師なら得意でなくてもこの施術を行えます。事実人気が高いゆえ、ボトックス注射は多くのクリニックで提供されていますが、最高の整形結果を望むなら、この施術を得意とするクリニックを選ぶのが上策です。ボトックス治療は注射だけで済むとはいえ、どれぐらいの量を打つかは個人差があり、患者ごとに調節せねばなりません。ある人にとっては最適な量でも、別の人には注入過多になることもありますから、その場合は美容的に効き目が出過ぎるという副作用を招きます。逆に注入過多を恐れて打つ量が少なければ、効き過ぎという副作用が出ない代わりに、肝心の美容効果も出なくなるのです。つまりボトックス注射はそれぞれの人で違う筋肉量などを加味して、微妙な匙加減が求められる整形治療となっています。そこで申込先には、この治療を何年も続けて豊かな施術実績を持っているなど、特性や副作用も熟知している医師を選んでおきましょう。

Copyright© 2019 注射の人気の理由そして相場などを理解できます All Rights Reserved.